あがり症になりにくい人

あがり症になりやすい人は、真面目な性格であることが多いもの。
では、不真面目な人はあがり症になりにくいのでしょうか?

これはズバリ、YES!です。

そもそも、失敗や恥を恐れて緊張するのがあがり症。不真面目な人は多少の失敗や恥などものともしません。
結果、どんな局面でもさほど緊張もせず、あがり症にもなりにくいのです。


不真面目と言ってしまうと言葉が悪いですが、あくまで真面目すぎるあがり症さんと比べての話ですよ。
あがらない不真面目なあなた、お気を悪くなさらないように……。

もう一つ、プライドが高い人もあがり症にはなりにくいです。

「あれ、さっきと逆のこと言ってない?」

そう思ったあなた、実に鋭い。
確かに、別のページでは『プライドが高い人はあがり症になりやすい』と言ってます。

ですがこれは、程度の問題。
本当に、心の底から、神に誓ってもプライドが高い人というのは、あがり症そのものを自分で抑え込んでしまいます。
だってそうでしょう?

プライドの高い人にとって、あがってしまって失敗するなんてことは、死ぬより辛いことでしょうから。

足の小指をぶつけても、痛くないふりをするのと同じです。
本当はあがり症でも、そんな素振りをまったく見せない人もいるのです。