英語の表記について

英語表記をするのって結構焦ったりするという人も多いのではないでしょうか。しかし今の日本では意外と英語表記を求められる機会が多いとも言われています。英語表記の中でいちばん多いのはやはり名前だと思いますが住所の英語表記を求められたりすることもあると思います。

海外へ手紙を出す場合などには、英語表記で住所を書かなくてはいけませんが、英語表記になると番地から書き始めて最後に都道府県という形になります。


日本語表記の場合には、都道府県から書き始めて、そして最後に番地が来るのが一般的なのですが、住所の英語表記になると4-123 shimakura-cho minami-ku Hukuoka-shiといった感じの記載になり、番地、町名、区名、そして市、都道府県で最後がJapanということになりますね。

住所の英語表記についてはこのように日本語表記に比べると逆さから書いてくことになるということを覚えておくといいかもしれません。また誕生日の英語表記を書くというケースも中にはあるかもしれませんが誕生日の英語表記の場合に、たとえば9月9日生まれの場合には9 Septemberといったように、先に日付から記載してそして月を書くという日本とはこちらも反対に記載するといったケースになっています。

英語表記といえば最近はグローバルに働いている人も多いと思いますからグローバルな名刺が必要だという人も多いでしょう。表面には日本人向けの日本語で表記されている名刺が印刷されているのですが、裏をめくると、英語表記になっている名刺を持っているという人も多いのではないでしょうか。

両面印刷で英語表記と日本語表記の名刺が一枚になっているという名刺を利用している人も今は多いのが特徴です。また社名なども英語表記されている名刺を持っている人もおいですし、最近は企業の社名自体が英語表記に変わりつつあるのではないでしょうか。

株式会社も英語表記でコーポレーションといった感じになっているところが多いと思いますし、英語表記の部署名にしているところも増えつつあります。日本はこれからもっともっとグローバルな社会進出が増えると予想されていますから、どんどん英語表記が進んでいくのではないでしょうか。

名刺なども英語表記がオプションで付けられているなどして、英語表記ありの名刺もそれほど珍しくなくなってきました。英語表記が増えることで英語がそれだけ日本に浸透しているのだということがよくわかりますが、英語表記に負けることなく、これからも、英語をどんどん身につけなければいけませんね。