英語の文法

英語の文法が苦手という人も多いのではないでしょうか。私も英語を学生時代に勉強している時にはリーディングやリスニングは好きだけど英語のライティング、文法になると嫌なものでした。

しかし英語の文法は英語の基礎になりますからしっかりと英語を身につけたいと思っている人は基本を勉強しなければいけないのです。英語の文法には関係代名詞とか現在完了形など色々とジャンルがありますが、英語の文法で比較すること場などもあります。


英語の文法が身についていなければちんぷんかんぷんな英語になってしまい、英語が通じませんから、英語の文法は必ず身につけておかなくてはならないのです。英語の文法を勉強する際には参考書を購入して勉強するという方法もありますが、参考書を選ぶ際には、解説がきちんと掲載されているものを選ぶようにして、参考書だけでなく問題集なども購入して問題もしっかりと解いて身につけるという方法がいいのではないでしょうか。

英語の文法を一覧にしてわかりやすく勉強するという勉強法もありますし、英語の文法をクイズ形式にして楽しみながら勉強するという方法もあります。

英語の文法はすっかり忘れているという人のために、たとえばどのような言葉があるのかというと、if with as ofといった単語を聞けば思い出す人も多いのではないでしょうか。

中学や高校の英語では文法をしっかりと教えてくれますから英語の文法のテストもあったと思いますが、大人になってから英会話を習うという人の場合には会話中心の英語の勉強になると思いますから、なかなか英語の文法を基礎から覚えるというのは難しいのかもしれませんね。英語の文法を学ぶ場合には英会話スクールよりも、英語塾などで教えてもらった方がいいと思います。

英語の文法は英語を話す上では絶対に身につけておかないといけないこととは言われていますが、実際に小さい頃から先に英語の文法ばかりを教えてしまうと頭でっかちで実際に英語が話せない、頭の中だけにとどまってしまうという人もいるかもしれませんから、あまり小さいうちから英語を身につけさせたいと思っている人でも英語の文法はあとにして、英語の基礎的な部分から勉強するのがいいかもしれませんね。

英語の文法はリスニングなどと並行して覚えて行くのがベストな勉強法でどちらかだけを覚えるのではなくて両方覚えていくというのが一番だと思いますね。英語の文法はなかなか難しいですが、英語の文法を覚えたいと思っている人はきちんと勉強するのがいいでしょう。