住所の英語表記


住所を英語で書く際はどうやって書けばいいのかわからない人も多いかもしれません。住所を英語表記するときには、日本語の住所を書く場合とは全く逆の順番で書くようにします。

たとえば、日本語では郵便番号を書いてから都道府県、市町村、区、町名を書いてから番地、建物部屋番号と続くと思いますが、英語で住所を書く際には、建物の名前、部屋番号、そして番地、町、区、市町村、都道府県、郵便番号を書いて最後にJapanと国の名前を書くようにします。


英語で住所を書く際には、逆から書いていくのが一般的ですから、英語で住所を書く際には日本語で書くのと逆の方向から書いていくと覚えておくといいのではないでしょうか。

そして市をcityと書くのかそれともshiと書くのかわからない人がいるかもしれませんが、京都市と書く場合には、kyoto cityと英語で記載してもいいですし、kyoto-shiといった感じで書いてもどちらでもいいと思います。

都道府県の場合には府や県といったものは書いても書かなくてもいいとされていて、こちらも市と同様にして、日本語でローマ字書きしても、英語に訳しても両方どちらでいいということになっています。

たとえば京都府という文字を英語にしたい場合には、kyoto-huと書いてもいいですし、kyoto-prefectureと書いても大丈夫です。

郵便番号の場合には、アメリカのzipcodeを記載しなければいけない場合には国の番号ということになりますから、11111と記載することになっていて、住所の中に郵便番号Japanという形で記載するのがいいでしょう。

英語で住所を記載する場合にはそれほど細かいことを気にしなくても、しっかりと場所や建物の名前が記載されているのであれば、郵便物は届くと思いますから、こだわってどう書けばいいのかわからないほど悩む必要もないのではないでしょうか。

英語で住所を書いて手紙を送る場合には、住所の記載方法に注意しなければいけないとは言え、英語圏から日本へ送る場合には、漢字で日本語で書いても届きますから、日本から英語圏に送るという場合のみ気をつけるようにしてはいかがでしょうか。

これから英語で住所を書かなければいけないという人は、とにかく、日本語とは逆の方向から住所を書き始めることと、郵便番号とzipcodeの違いにだけは十分に注意して書くようにすればそれほど英語で住所を書くことに対して悩んだりする必要もなくなるのではないかと思っています。英語で住所を書くことに迷ったらローマ字書きで逆さから書く、このことを覚えておきましょう。