英語のメールを送る

グローバルな会社で働いている人などはビジネスの際に英語のメールを送るという人も多いのではないでしょうか。英語のメールの送り方がわからない人、英語のメールのマナーや文例を知りたいと思っている人も老いと思います。

たとえば日本語だとお世話になっております、とか先日はありがとうございましたといった感じで日本語のメールは書き出しますが、英語のメールの書き出し方法すら思い浮かびませんよね。


他にも英語のメールをこれから覚えたいと思っている人の中には、いい内容の英語のメールだけでなく督促などの英語のメールを覚えなければいけないという人も多いのではないでしょうか。

英語のメールを書く際のポイントとしては、英文は短く書くようにしましょう。あまりにも長々と英文のメールを送ると読む側の負担にもなりますから、相手が読みやすいようにするためにも英語のメールは短く簡潔に書くことをお勧めします。

何か長々とか書かなければいけない場合には、箇条書きも入れてみるといいのではないでしょうか。そして英語のメールを日本から送る場合には、注意しなければいけないこととして、記号や特殊文字などを使った英語のメールを送るのはやめましょう。日本から海外へ英語のメールを送る際に、場合によっては文字化けしてしまう可能性があるからです。

英語のメールを書く際に、大文字だけで書くという人もいるといわれていますが、アクセントにしたり強調したりするために大文字だけで英語のメールを書いたとしても相手にとっては伝わらないことが多いとされていますから、英語のメールで大文字だけというのは避けた方がいいかもしれません。

そして日本のメールでは署名はあまり入れない人が多いのですが、英語のメールの場合には署名を省略せずにきちんと入れるのがマナーになっていますから、しっかりと英語の署名を用意しておくといいかもしれません。そしてこれは英語のメールに限ったことではないのですが、メールで誹謗中傷をするのはやめましょう。

英語のメールに限らず日本語のメールにおいても、誹謗中傷をメールで送るのは相手とのトラブルを悪化させることにつながるかもしれませんから十分に注意した方がいいでしょう。

ビジネスで英語のメールを送る機会が多いという人も多いかと思いますが、英語のメールを送るマナーを守ってビジネスメールを送ってコミュニケーションを上手に取れるといいのではないでしょうか。日本のメール以上に英語でのメールは気を使うでしょう。